--

--

コメント (-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

06

18

コメント (0)

[Item]白銀のカル Cal&Toara

ども、ドラグレッターです。13日ぶりの更新ですね。まだしばらくはこんな状況が続くかもしれませんが、時間がある日は出来るだけ更新を続けたいと思います。

そんな状況下でも「オーギのヤツ、そろそろ段ボールに隠れてEプラントに潜入してくんねぇかなぁ…」と思いつつ『暁のアマネカと蒼い巨神』をちまちまとプレイしています。前回のちょい辛口評価にて「今回はキャラに魅力を感じない(≒萌えない)」と書きつつも「今回はメイル(ロリ担当、CVがゆりしー)かエアナ(きょぬー担当、おつむの弱い娘)が最萌かなぁ…」と考えながら第3章をプレイしていましたが、突如現れた“カル・ルスラン(CV:茅原 実里)”がその最萌の座を奪っていきました。ロング銀髪、きょぬー、戦う乙女、こつえーキャラ……オレ好みの属性を4つも(2つ目は不純ですがこの際目をつむっていただきたい!)装備している上に物静かな性格の茅原キャラ(つまり長t(ry)…しかも巨大ロボ乗ると来たので、初登場と同時にOB並みの速さでオレ的今作最萌キャラとなりました。カル可愛いよカル。ひょっとしたら今作どころか蒼いシリーズ最萌…ゲフンゲフン! ナノカたんにはかなわ…な……い?(オイ!!)

さて、キモい語りはこの辺にしておくとして、このカルというキャラは元々『コンプティーク』で連載されていた蒼いシリーズの外伝小説『白銀(しろがね)のカル Cal&Toara』の主人公です。本作に登場するトアラ少年やリエお嬢も同作出身キャラです(トアラ少年は小説のサブタイトルでバレバレですな)。そのため本作購入当初から小説の単行本にも手を出そうと考えていましたが、ゲーム中でのカル登場と最萌決定により必ず購入することを決意しました。そして日曜にめでたく購入したので、今日はこれについて書きつづっていきます。

20080617_001

これが『白銀のカル』の単行本です。カル可愛いよカル。奥に映っているゴーレムは彼女が操る重機動兵“アルパー”、ゲーム中で「アルっパァァァァァー!!(パチンッ!←違う)」と叫ぶと現れるアレです。なお、角川の雑誌で連載されていたのに単行本の発刊がファミ 通なのがかなりの謎です。

こんな多忙な中ゲームが優先になってしまうため、まだ第1部を読み終わった程度ですが、そんな中で思ったのは小説でも蒼いシリーズの世界観をキッチリと実現している、というところでしょうか。いや、それくらいなら既にいくらか世に出ている『蒼い海のトリスティア』や『蒼い空のネオスフィア』の小説にも言えることですが、こちとら蒼いシリーズのシナリオ・ライター(つまり原作者?)竹内なおゆきさん直々の作品です。挿絵もこつえーこと駒都えーじさん直々によるものなので、本当の意味での本家本元公認作品、ということになります。

ゲーム3作(トリスティア、ネオスフィア、アマネカ)と比べると、のっけからテロリストによる船の襲撃などという物騒な出来事が起こるため、話自体はゲーム3作よりもシビアになりそうだと思いました。最初に登場するのが女性主人公であるカルではなく男性(ショタ)主人公であるトアラというのも蒼いシリーズでは少し珍しい展開だと思いました。

第1部ではトアラの上京物語(ちょっと違うぞ>オレ)と、カルとの出会いが描かれています。いかにしてトアラはアカデミーに入学したのか、カルとどのようにして知り合ったかが書かれているので、小説より先にゲームでこれらのキャラを知った身としてはより詳しく知ることが出来る、と言う意味でも楽しめました。これから先を読むのが楽しみです。

惜しむらくは…本作には生徒会役員をやっているツイン・テールのちょっち可愛い娘“ユーネ・グロースタ”というキャラがいるのですが、何でこの娘が『アマネカ』に登場しないのかが悔やまれましたorz 出し惜しみしやがったな…!(落ち着け>オレ) 実はゲームに登場させにくい設定があるとか?(;´Д`)ハァハァ(変なことを想像するな>オレ) 読んでみてのお楽しみですね。

蒼いシリーズの話を補完するという意味でも、オレのように「アカネカでカルたちを知ったからもっと突っ込んだ話を知りたい」という意味でも楽しめる1冊だと思います。

それにしても…ゲーム登場でめでたくCVがついたから本作完全再現のドラマCDを出してみません?>工画堂というかくまさんちーむさん あ、もちろん『アマネカ』もw

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ドラグレッター

Author:ドラグレッター
デジタル物やゲーム、それと二次萌えキャラが大好きな永遠の17歳。『東日本大震災』の被災地であるとある県に住みながら、「日本経済を回すため」と理由をつけては趣味に金をつぎ込んでいく。また、口にした言葉のほとんどが死亡フラグになるという特異体質を持つ。

より詳しいプロフィールはこちら



アクセス・カウンター

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

帰ってきたはいてない妖精ココロ

藍澤光ちゃん

博麗ちゃんの賽銭箱

仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

カテゴリー

月別アーカイブ

2012年 08月 【2件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【3件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【3件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【2件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【4件】
2010年 08月 【6件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【7件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【2件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【3件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【3件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【3件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【7件】
2008年 06月 【3件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【5件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【5件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【5件】
2007年 05月 【5件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【19件】
2006年 12月 【17件】
2006年 11月 【13件】
2006年 10月 【9件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【18件】
2006年 07月 【15件】
2006年 06月 【11件】
2006年 05月 【12件】
2006年 04月 【20件】
2006年 03月 【16件】
2006年 02月 【18件】
2006年 01月 【17件】
2005年 12月 【12件】
2005年 11月 【17件】

リンク

個人ブログ:
ショップ:
信仰:

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。