--

--

コメント (-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

02

23

コメント (0)

スティック製作記 Wii(準備編)

ども、ドラグレッターです。先月末の話になりますが『TATSUNOKO VS. CAPCOM ULTIMATE ALL-STARS(以下「タツカプUAS」)』を買いました。格ゲー、しかもコンボゲーがヘタクソなオレが何でこれを買ったのかというとゼロ(『ロックマンX』に登場する、Dr.ワイリー最後の作品となる紅いイレギュラーハンター)目当てだったりします。最近「ゼロ」と言えばちんちくりんの方ばっかりなので、今回の『ロックマンX』版ゼロの参戦を知ったとたん一人で歓喜していましたw 隠しキャラはすべて出し終えたので、今後はゼロを使いこなせるように頑張りたいと思っています。

というわけでWii用のアーケードスティック(以下「アケステ」)が欲しくなったので、この度作ってみましたWii用アケステを作るという事例はネット上にほっとんど載っていないので資料がなく苦労しましたが、何とか完成までこぎ着けたので「資料を残す」という意味も含めて製作レポートを書くことにしました。今回はその第1弾ということで、『準備編』と称して作るまでの経緯を語ったり用意した部品なんかをまとめて行きます。タツカプUAS発売を機にWiiのアケコン需要が高まる中、これから作ってみようと思っている方の参考になれば幸いです。

なお、この手のコントローラーの呼び方は「アーケードスティック(アケステ)」、「アーケードコントローラー(アケコン)」、「ジョイスティック」などと色々ありますが、以後「アーケードスティック(アケステ)」で統一していきます。

2010/2/25 0:10 追記:
工具を一部追記しました。

冒頭にも書いたとおりタツカプUASに手を出しましたが、このゲームのためにわざわざクラシックコントローラー(以下「クラコン」。“PRO”は「十字キーが超反応しやすい」という話をよく聞くため通常モデルを買いました)も買いました。このゲームはストIVやこれまでのVSシリーズなどと異なり、ボタン構成が弱中強攻撃(パンチ・キックの区別なし)&アシストという同人ゲームのような4ボタン構成なので、クラコンでも問題なくプレイできると思いました。でもやっぱり格ゲーはアケステでやりたいもの。ましてや虫姫棒に手を出したこともあって余計にアケステが欲しいと思いました。そこでWii用のアケステを物色しましたが……なんと…Xbox 360よりもマトモな選択肢がない…だと…? 現時点で販売が確認できているもので、ボタン数的にタツカプUASで問題なく使えそうなのは『ファイティングスティック Wii』、『EXARSTICK』、『タツカプ ドリームバトルスティック』の3製品だけですが、どれも何かしらの問題を抱えていると言われている製品ばかりです。海外ならば、360用のアケステで有名なMadCatzの製品が出回っているようですが、日本で買える日が来るのかどうか怪しいのが現状です。

そこで、ちょうど360用アケステを作るためと思ってボタンやレバーを買ってある(結局虫姫棒を買ったため使わず仕舞いになってしまいましたが)のを思い出し、プレステ用アケステの製作経験があることから「ないならば 作ってしまえ アケステを」ということで、他機種用のアケステにWii用コントローラーを組み込む、いわゆる『乗っ取り』方式でアケステを作ることに決めました。早速素体となるアケステ本体をヤフオク(一度トラブルにあって以来4年ぶりに使いました)で発注し、次に乗っ取りに適しているコントローラー(つまり犠牲者候補)と作り方を調べるためネットで資料集めをしました。

…が、冒頭にも書いたように製作事例がほとんどないので「資料」と呼べる物がなかなか見つかりませんでした…orz 純正のクラコンPROを使って作ろうと思っていたのですが(理由は後述)、コントローラー基板のどの接点がどの信号かを表す写真や情報がないので、乗っ取りをやるにせよ手探り状態でやるしかありませんでした。ただ分解写真自体はあり、それを見た限りだとプレステ用アケステを作るのと同じような要領で出来そうだと思いました。また、海外サイトを探してみると、通常版クラコンの基板写真(信号取りポイント入り)を発見し(しかもこの記事を書いた方はなんと『バーチャスティック プロ』を乗っ取ったそうです)、「PROの基板も多分同じだろう」と思い、「これで成功すればクラコンPRO乗っ取りの第一人者になれる!!!11」という企みもあって犠牲者候補はクラコンPROに決定、早速工具やその他諸々と一緒にAmazonで注文しました。

もしかしてアレか? 製作事例がない理由って「元々あったけど任天堂に見つかって削除させられた」とかか? だったらこの記事も怪しいな……。著作権侵害を助長するような改造ではないので、「こういう遊び方を提案している」と思ってどうか見逃していただければ幸いです>任天堂さん

ということで今回そろえた品々を載せていきます。

20100223_001 

まずは今回の素体、『ナムコジョイスティック』です。ナムコ(今で言うバンナム)から発売された製品ですが実際にはHORI製で、プレステ初期の製品らしいです。レバーとボタンもHORI製ですがおおむね高評価で、ボタン配置も6ボタンのブラスト配置のため現代でも十分通用します。そのため発売から10年たった今でも名器扱いされているようです。

コイツを選んだ理由はボタン配置が優れている(ブラスト配置という点のほかスタート・セレクトボタンが上にあること)と思ったのと、天板無加工でボタン交換が出来るからです。ただ、本体が傾斜状で下へ行くほど厚さが薄くなっているため、業務用レバーに交換するとそのままでは底板が閉まらない、という欠点があります。これについては後々解決策を書いていきます(と言っても大した方法じゃあありませんが…)。

20100223_002

今回の犠牲者、「どっかで見た形のコントローラー」ことクラシックコントローラーPROの黒モデルです。Amazonでは何故か白より黒の方が若干安かったため黒を買いました。アケステの中に入れてしまえば一緒ですからね!…と思ったのですが黒だとWiiリモコンと接続するケーブルの色も黒なので、アケステの本体色も黒ということを考えるとちょっと嬉しい誤算でしたw 乗っ取りにクラコンPROを使った理由は……

  • 上にも書いたとおりプレステ用アケステを作るのと同じ感覚で作れる(○ニー純正コントローラー同様、「炭素接点を削ってパターンを出してハンダ付けをする」という方法で乗っ取れる)
  • L・Rボタンがデジタル入力。一方通常版クラコンはアナログ入力なので、乗っ取りには基板に抵抗をかませるなどの加工が必要(…と思っていましたが、上で紹介したクラコン基板写真を見る限りだとそうでもなさそうですね…)
  • 他ハードと違い、任天堂純正クラコンの方がサードパーティー製より安い
  • 「クラコンPRO乗っ取りの第一人者に(ry

……となります。また、任天堂製ハードはY字型ネジを使っているため、Y字型精密ドライバーも併せて買いました。しかし今回買った製品は軸が短いため、クラコンPROのグリップのふくらみとドライバーのグリップが干渉して、ドライバーがネジまで届かない箇所があります。Amazonでたまたま見つけたのでこの製品を買ってしまいましたが、新たに買う場合は軸がもっと長い(あるいはグリップが短い)ドライバーを買った方がいいです。分解途中でこの事実に気づいたため、オレはグリップを少し削ることで対処しました。

また、「天板にイラストを貼り付けたい」と思ったため、写真はありませんが同じくAmazonでA4サイズのラベル用紙色あせ防止用のUVフィルターを購入しました。天板イラストを交換できるようにしたいのであれば、シールではなくA4サイズの写真用紙と透明度がなるべく高いクリアファイル(出来ればPET樹脂製がベストかも)の組み合わせのほうがいいでしょう。ちなみに周りでアケステを作ったことがあるのはオレの他に一人いますが、天板にまでこだわるのはオレが初めてとなります。

20100223_003

アケステ用のボタンとレバー一式です。レバーボールと4つの青いボタンは「カラーリングをWiiに合わせたい」ということでわざわざ新たに買った物で、それ以外は元々手持ちの物です。レバーボール以外は三和電子(以下「三和」)製で、ボタンは非リードスイッチの一般モデルである“OBSF-30”、レバーも一般的な“JLF-TP-8Y-SK”です。写真ではレバーが分解されていますが、これは後々の作業のため自分で分解した物です。袋に入っているハーネス(コネクターでひとまとめになっているケーブル)はレバー用で、これによってレバーの配線の手間を減らすことが出来ます。

レバーボールは青いクリアカラー(通称「ゲ○玉」)を買いました。ゲ○玉を選んだ理由は普通の青だと安っぽい感じがするのと「他とは違う」感を出したかったからですw 三和ではゲ○玉を作っていないためこれだけセイミツ製です。ちなみに写真にはありませんが、レバーには標準で緑かピンクのレバーボールが付属します(購入時に選択可能)。

他には以下の工具や部品を用意しました(これらはすべて手持ち)。

  • プラスドライバー
  • 精密プラスドライバー
  • 市販の導線
  • セガサターン純正コントローラーの残骸の導線
  • 30Wハンダごて
  • ハンダ
  • ハンダ吸い取り線
  • グルーガン&グルースティック
  • ニッパー
  • カッターナイフ
  • ヤスリ
  • 2mm六角棒スパナ
  • 色付きプチプチ
  • 刃先6mmのマイナスドライバー(2010/2/25 0:11 追記)
  • 精密マイナスドライバー(2010/2/25 0:11 追記)

何に使うのか説明する必要があるものがいくつかあるので一つずつ説明していきます。まず精密プラスドライバーについてですが、これはクラコンPROの基板を止めてあるネジを外すために使います。クラコンPROのガワはY字型ネジで止めてあるのに対し、中身はプラスネジで止めてあるのです。

六角棒スパナについては、天板のネジがトルクスネジなのでこれを外すために使います。本来ならトルクスドライバーを使いますが、ない場合はこれで代用できます。

グルーガンとグルースティックはハンダ付けした部分がパターンごとはがれるのを防ぐため養生するのと、アナログスティック誤動作防止のため固定するのに使います。まあ…これがあとあと悲劇を招くことになるのですが…それは追々お話しします。

配線は電気が通れば何でもいいです。実際、LANケーブルの中身やIDEコネクターを使っている方もいるそうなので、これらを使えばわざわざ導線を買う必要がなくなります。

色付きプチプチとは梱包材としてよく使われるアレです。色が付いている物には絶縁効果があるらしく、これを基板に巻くことでショートを防ぐことが出来ます。

太めのマイナスドライバーはレバーボールを外すために使います。外し方は次回紹介します(と言ってもググればすぐ見つかりますが…)。また、精密マイナスドライバーは基板の炭素接点を削るために使います。

また、スティック交換により底板を底上げする必要があるため、3×16mmなべタッピングネジと10mm厚のスキマ隙間埋めテープを購入しました。実は本来ならネジを通す柱を作るためスペーサーが必要なのですが、見つからなかったため今回は購入を見送りました。これがないと底板がちゃんと閉まってくれません。あとで買ってちゃんと閉めたいと思います。他にはビニールテープを購入しました。

あと、導線皮むき用に使うケーブルストリッパーがあると便利です。サイズが合う物がないためオレは使いませんでしたが、おかげで、ニッパーで皮をむくごとに何回も導線そのものを切ってしまいましたorz

以上が用意した物になりますが、ここまでの時点でも他のコントローラーの乗っ取りとあまり変わらない感じがします。違いと言えばY字型ドライバー必須という点でしょうか。この辺は任天堂ハードならだと思います。持っていない方が大半だと思うので、クラコンPROでも問題なく使える物を確実に入手しましょう。一つ持っていれば何かと役に立ちますからね。ただ一般的なドライバーと比べて高価なので、多少出費がかさむことは覚悟しておきましょう。

また、工具類を買う場合はホームセンターでちゃんとした物を買いましょう。100円ショップの物は所詮安物で精度が悪いです。最悪ケガすることも考えられるので、ここはケチらずお金をかけた方がいいと思います。

次回からいよいよ製作過程に入ります。

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ドラグレッター

Author:ドラグレッター
デジタル物やゲーム、それと二次萌えキャラが大好きな永遠の17歳。『東日本大震災』の被災地であるとある県に住みながら、「日本経済を回すため」と理由をつけては趣味に金をつぎ込んでいく。また、口にした言葉のほとんどが死亡フラグになるという特異体質を持つ。

より詳しいプロフィールはこちら



アクセス・カウンター

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

帰ってきたはいてない妖精ココロ

藍澤光ちゃん

博麗ちゃんの賽銭箱

仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

カテゴリー

月別アーカイブ

2012年 08月 【2件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【3件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【3件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【2件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【4件】
2010年 08月 【6件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【7件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【2件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【3件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【3件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【3件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【7件】
2008年 06月 【3件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【5件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【5件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【5件】
2007年 05月 【5件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【19件】
2006年 12月 【17件】
2006年 11月 【13件】
2006年 10月 【9件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【18件】
2006年 07月 【15件】
2006年 06月 【11件】
2006年 05月 【12件】
2006年 04月 【20件】
2006年 03月 【16件】
2006年 02月 【18件】
2006年 01月 【17件】
2005年 12月 【12件】
2005年 11月 【17件】

リンク

個人ブログ:
ショップ:
信仰:

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。