--

--

コメント (-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

04

28

コメント (0)

スティック製作記 Wii(最終回:ハンダ付け~完成)

ども、ドラグレッターです。1ヶ月くらい間が空いてしまいましたが、クラシックコントローラーPRO(以下「クラコンPRO」)基板乗っ取りによるWii用アーケードスティック(以下「アケステ」)製作レポートの続きをお伝えします。今回は最終回、最後と言うことでハンダ付けから完成まで一気にお伝えしていきます。

なお、これまでの内容がわからないというかたは、以下のリンクから以前の記事を読んでおくことをおすすめします。

この記事で紹介されている改造を試した結果いかなる損害が起きても、当ブログは一切責任を負いません。ご自身で行う場合は自己責任でお願いします。

いよいよこの製作作業の真骨頂、クラコンPRO基板へのハンダ付けです。炭素接点をカッターナイフかマイナスドライバーの先端で削ってパターンを露出させ、レバーや各ボタンとハンダ付けしました。以下にどのパターンがどのボタンに対応しているのかを書き記した基板写真を掲載します。今後作ろうと思っている方の参考になれば幸いです。

メイン基板(十字キー, a, b, x, y, +, -, HOMEボタン):

20100428_001

共通GNDはレバーのGNDとつなぎました。小さくはがれやすいので注意が必要です(実は一度はがしてしまいました…)。a~yボタンのGNDについては、ボタン1つに端子が2つあるため1セットでつなげばいいのであまり意識しなくても大丈夫です。また、+, -, HOMEボタンのパターンは薄い皮膜で覆われているのでまずはコイツをはがす必要があります。ただ、パターンも粘着力が落ちたシールのごとくかなりはがれやすい(皮膜で覆われているのは恐らくこのため)ので、もしはがれてしまった場合はパターン周辺に超小さいハンダ載せポイントがあるので、そのうち回路と繋がっている部分に頑張ってハンダを載せて配線します。

サブ基板(L, R, ZL, ZRボタン):

20100428_002

元々付いているハンダにそのまま配線すればいいです。ただし、ハンダ同士が隣接しているため、ハンダ付けの際にお互いくっつかないよう注意が必要です。なお、基板はL側とR側とで同じ物で、ボタン回路と繋がっていない未使用パターン(真ん中)は共通GNDとして使えます。オレはナムステ側のサブ基板のGNDとの接続と、メイン基板側のはがしてしまった共通GNDの代わりとして使いました。

というわけで実際にハンダ付けをおこなったところが以下の写真たちです。

メイン基板:

20100428_003

「たこ足配線」とはよく言ったものですね(違) ハンダが載りにくいこともあり、これだけ配線するのはちょっと苦労しました。なお、ナムステ側のボタン数の都合上、今回HOMEボタンは使用しませんでした。まあリモコンにもあるボタンなのでアケステになくても問題ないのですが。

サブ基板(L側):

20100428_004

元々ハンダが乗っていたGNDはLボタン用に使い、空きパターンのGNDはナムステ側のサブ基板のGNDとつなぐのに使いました。

サブ基板(R側):

20100428_005

元々ハンダが乗っていたGNDはRボタン用に使いました。

ハンダ付けが終わったら動作確認をおこないます。基板を絶縁プチプチに包んでアケステ本体へしまい、Wiiリモコンとアケステをつないでソフトを起動し、レバーを動かしたりボタンを押したりして想定どおりの動きをしてくれるかどうかを確認します。押しても反応がなかったりあらぬ方向へ動いたりした場合は配線を見直したりハンダ付けをやり直します。

オレの場合、最初はレバーの配線違いがあっただけでそれ以外はおおむね良好…だったのですが、何かの拍子でどこかのボタンが反応しなくなったり、+ボタンが完全にダメになったため見事基板を1個無駄にしてしまいましたorz ちなみに、このときハンダ付けを何度かやり直したのですが、パターンがはがれないようグルーガンで養生したのがアダとなり、ハンダ吸い取りが非常に面倒でした。また、実はオレがグルーガンを使うのはこれが初めてでボタンが反応しなくなった原因の切り分けが難しくなった(グルーガンが原因の可能性もあった)ため、それ以降グルーガンでのパターン養生はやめました。

このあとホントにムダにした最強の地球人。そういえばこれもコントローラーだったなw

まさに↑こんな心境でしたorz 2つめの基板では+, -ボタンの配線が甘かったくらいで、そこのハンダ付けをやり直したらバッチリ上手くいきました。このように+, -, あと今回使いませんでしたがHOMEボタンは結構厄介なので、実際にハンダ付けされる場合は注意してください。

基板へのハンダ付け、そして動作確認が完了したら、アナログ・スティックにも細工を施します。

20100428_007

このように、何かの拍子でアナログ・スティックへの入力が起きて誤動作しないようグルーガンでネチョ固定しておきます。

20100428_008

基板を絶縁プチプチに再度包んでアケステの側へしまい、配線をまとめます。

さて、これでふた(底板)を閉めて完成…と言いたいところですが、レバーが長いためこのままだとふたを閉められません。そこで……

20100428_009

このようなスペーサーをかましてやります。準備当初に行った店には売ってなかったため買えませんでしたが、あとで行った別の店にありました。これをガワのネジ穴にテープでとめて底上げをしてやりました。また、そのままだとスキマ妖怪隙間が気になるため、10mm厚の隙間埋めテープ(窓の補修とかに使うヤツ)を貼りました。

 

完成!

20100428_010

というわけでこれが完成品です。作った本人が言うのも何ですが、天板イラストといいボタンやレバーボールの配色といい、かなりいい感じのデザインに仕上がったと思います。黒Wii用のライセンス製品と見間違え…るってのはさすがに言い過ぎかw そして何より森気ロール可愛いよ森気ロール!! しかし春麗が……不幸なことに春麗の鼻の部分がちょうどネジ穴だったためアンパンマン状態になってしまいましたw まあこれは仕方がないか。

肝心の使い心地ですが、やはりアーケード筐体用のパーツを使っただけあってビシビシ反応してくれます。パッドでの期間の方が長いため昇龍拳が出にくくなってしまいましたが、そこは慣れるしかないでしょう。取り付け方法の都合上レバーも短くなっているのですが、元々三和製レバーは他社製より長めに作られているため違和感を感じることはありませんでした。また、サブ基板を流用した+, -, ZL, ZRボタンもちゃんと動作し(+, -ボタンにはかなり苦戦させられましたが)、使用頻度から考えるとちょうどいい配置と大きさなので地味ながら気に入りました。また、オレよりも格ゲー歴が長い友人にも使ってもらいましたが、「おお~すげー使いやすい」とのお言葉を連呼してくれましたw とにかく自分でもビックリするくらいの出来で、負けたとき「コントローラーが悪い」と言い訳することが出来なくなりましたw

以上が全過程となります。基本的にはどんなアケステでも乗っ取れるはずですが、個人的には今回使ったナムステがかなりおすすめです。底上げをする必要はあるものの、ボタンの数やボタン配置そしてサブ基板側のボタンを考えると、もしかするとWii用アケステを作るのに最も向いているかもしれません。10年以上前の製品ということもあってあまり見かけない製品なので、もし中古屋やリサイクル・ショップで格安で売られているのを見つけたら、製作予定にかかわらず即入手されることを強くおすすめします。

間に別の記事を挟んだため、最初の準備編からかなり時間が経ってしまいましたが、これにて製作記事を終わりにしたいと思います。Wii用アケステ製作の参考になれば幸いです。

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ドラグレッター

Author:ドラグレッター
デジタル物やゲーム、それと二次萌えキャラが大好きな永遠の17歳。『東日本大震災』の被災地であるとある県に住みながら、「日本経済を回すため」と理由をつけては趣味に金をつぎ込んでいく。また、口にした言葉のほとんどが死亡フラグになるという特異体質を持つ。

より詳しいプロフィールはこちら



アクセス・カウンター

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

帰ってきたはいてない妖精ココロ

藍澤光ちゃん

博麗ちゃんの賽銭箱

仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

カテゴリー

月別アーカイブ

2012年 08月 【2件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【3件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【3件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【2件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【4件】
2010年 08月 【6件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【7件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【2件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【3件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【3件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【3件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【7件】
2008年 06月 【3件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【5件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【5件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【5件】
2007年 05月 【5件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【19件】
2006年 12月 【17件】
2006年 11月 【13件】
2006年 10月 【9件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【18件】
2006年 07月 【15件】
2006年 06月 【11件】
2006年 05月 【12件】
2006年 04月 【20件】
2006年 03月 【16件】
2006年 02月 【18件】
2006年 01月 【17件】
2005年 12月 【12件】
2005年 11月 【17件】

リンク

個人ブログ:
ショップ:
信仰:

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。