--

--

コメント (-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

05

11

コメント (0)

Canon PowerShot S90

20100509_001

ども、ドラグレッターです。以前「デジカメを“Canon PowerShot S90(以下「S90」)”に買い換えた」と書きましたが、今回ようやくそのレビューをお伝えしていきます。一見黒くて渋いデザインのコンデジ(“コンパクト・デジタルカメラ”の略)ですが、巷では「コンデジ最高画質」とか「暗い場所での撮影に強い」などとささやかれているこの製品。友人の結婚式をきっかけにIXYからアップグレードしたオレにとっては「買い換えてよかった」と思うと同時に、「これを機に写真撮影も趣味に取り入れてみようか」と考えさせられてしまうほどの製品だと思いました。

なお、レビューと言ってもオレ自身がカメラ素人な上、ググればレビューが山ほど見つかる機種なので(それほど買った人が多いってことですね)、あまり詳しく突っ込まず素人なりに撮ってみた写真を交えながら素人なりに思ったことを書いていきます。なので、この機種に興味を持たれたら他のレビューも合わせてご覧になることをおすすめします(をい!) 既に書いたとおりググれば山ほど見つかりますが、とりあえず以下の記事が参考になるかと思います。

それでは、気になる方は“続きを読む”からどうぞ。

元々は同じキヤノンの“PowerShot SX210 IS”を候補に考えていました。最大14倍というズーム性能とHD動画撮影機能(しかも音声はステレオ)に惹かれていたからですw ですが、出始めの製品(確か結婚式の1週間前に発売されたよーな…)で情報が少ないこと、14倍ズームと動画撮影の使用頻度が低いこと(それこそ結婚式でしか使わなさそう)、そしてデジカメをちょっとかじってる友人の意見やネットでの情報を取り入れた結果からS90に決めました。特に以下の特徴が決め手となりました。

  • コントローラー・リング(後述)の存在
  • 他機種よりも明るいレンズ(F値2.0…このあたりはもっと勉強します)を採用している
  • ↑と高感度CCDの採用により暗い場所での撮影に強い
  • このサイズでRAWデータ(生データ)記録に対応している(あまり使わないと思いますが)
  • 操作系統(特にズーム・レバーや十字キー)がIXYと同じで、同感覚で操作可能

ちなみに、最近のIXYには魅力をまったく感じないことから、IXY 2台目はありえませんでしたw

以下、写真を交えながらお伝えしていきます。まずは本体の写真からです。

20100509_002

これが本体です。この小さなボディに多彩な機能が秘められています。

鏡胴周りの出っ張りがこの機種の象徴とも言える「コントローラー・リング」です。「カチカチッ」というオレ好みのクリック感があるこの電子ダイヤルで露出やフォーカスといったパラメーターのいずれか一つを調節できるのですが、噂どおり快適な操作性でした。常にステップズーム(段階的にズームをおこなう機能。コントローラー・リングでのみ使用可能)を割り当てていますが、あまりの快適さにズームはほとんどこれでおこなっていて、気づけば「IXYとほぼ同じ位置だから操作性が変わらずに済む」と決め手の一つにもなったズームレバーはほとんど使っていませんw また、「鏡胴周りを回して調節する」という動作そのものがデジイチ(“デジタル一眼レフ”の略…だけど実は“一眼レフ”っていう言い方自体が略称なんだよなw)と同じなので、ちょっとだけデジイチ気分を味わうことができますw

一方で背面には他のキヤノン製デジカメ同様「コントローラー・ホイール」がありますが、こちらも噂どおりクリック感がなく、ちょっと触っただけで設定が変わってしまいます。他機種ではクリック感があるのに、何故この機種でなくしてあるのか意図がわかりません。なので、電源が入っているときは常にここを触らないよう意識する必要があります。

それと、これも噂どおりグリップがなくて持ちにくく滑りやすいです(汗) これについては最近専用のカスタムグリップを発注したので、機会があったらお伝えしたいと思います。

組み合わせて使うSDHCメモリーカードはこれにしました。

20100509_003

SanDisk Extreme、メモリーカードで有名なSanDiskの最速モデルです。容量はシリーズ中最も少ない4GBですが、用途的に十分な容量なのでその分速度を重視しました。お値段は3000円くらいでした。

そういえば、このメモカのベンチマークを“CrystalMark 3.0”で測ったのを思い出しました。というわけで測定結果を貼っておきます。

CrystalDiskMark(Extreme4GB)

「最大30MB/秒」という謳い文句の割には期待はずれの結果となりました。まああくまで「最大」なんだからこんなもんか…? でも、実際の撮影で重要なシーケンシャル・ライトが結構速い(手持ちのどのUSBメモリーよりも!)ので、これなら快適に撮影ができると思います。実際、撮影してみて記録速度でストレスを感じることはありませんでした。

さて、実際のこのカメラで写真を撮ってみたのでいくつか載せていきます。いつもはシャープネスや明るさなどの補正をしているのですが、今回はなるべく素に近い画質を知って欲しいという意図から縮小以外の補正はかけていません。また、“こだわりオート”をあえて使わずすべてマニュアルで撮影しました。

20100509_004

のっけからこんな被写体ですみません(汗) これはいつだったか知人からもらったエヴァの人魚フィギュアです。記念すべき1枚目として撮影させてもらいましたw これをくれた人、元気かな…?

20100509_005

愛機“Acer Ferrari One”です。まぶしいくらいの赤を写真でもキッチリ表現できていると思います。

室内写真はこれくらいにして(早っ!)、ここからは先月散歩したときに撮った花の写真を載せていきます。実は桜が咲く時期に散歩するのが密かな趣味なんですよ…w なお、暗部補正とダイナミックレンジの調整を自動でおこなう機能“i-コントラスト”はオンにしてあります。また、オレ自身カメラ素人なので、基本的に撮影機能の詳しい評価は控えさせていただきます。

20100509_006

花の知識がないのでうろ覚えですが…水仙(すいせん)…かな? 若干ボケ気味ですが、日に当たっている花びらをよく描写できていると思います。

20100509_007

えーっとこの花は…パッと出てこない…(汗)

20100509_008

実家に植えてあったパンジーです。これは撮影モード“新緑/紅葉”で撮影しました(上の2枚は“プログラムAE”)。i-コントラストの効果と相まって鮮やかになりました…が、鮮やかすぎると造花にも見えてしまいますね…。i-コントラストは場面によって使いどころを考えるといいでしょう。

さて、ここからはずっと桜のターンです。余談ですが「さくらのターン」と書くと「スパIVのさくらが相手を一方的にフルボッコにしている」かのように聞こえますね。ふしぎ!

20100509_009

近所ではちょっとした桜の名所として知られている、某スーパー(これまた地元の身内の中で有名なお店です)付近の道路です。桜もいいですが、この青空の綺麗なこと! ちょっと青すぎる気もしますが青空の描画も見事だと思います。

20100509_010

望遠(ズーム)で近づいて撮ってもこんなにキレイ。

20100509_011

電柱を交えて見上げながらの構図で撮ってみました。奥行きがあってなかなか迫力のある写真になりました。なお、これ以降の写真は再び“新緑/紅葉”で撮ってみました。

20100509_012

なるべく桜単体で空をバックにしながら撮った写真です。それにしても、青空がここまで青いと逆にわざとらしいな気もしてきますね…。

20100509_013

これは“i-コントラスト”が有効に働いているいい例だと思います。日に当たっている桜が神々しく見え(言い過ぎ?)、さっきまでわざとらしいくらいに青かった青空もスッキリさわやかになっています。このように、場面によっては“i-コントラスト”を使うことで迫力のある写真に仕上げることができます。

まあ、こんな感じで素人のオレでもなかなかサマになる写真が撮れました。

オレのように「デジイチにまで手を出す気がなく、あくまでコンデジで勝負したい」というユーザーにとってはまさしく最高クラスのデジカメではないでしょうか。「コントローラー・リング」の存在もあって、撮るだけでも面白いデジカメだと思いました。

なお、前述のとおり今回の写真はあえてマニュアルで撮影しました。実は“こだわりオート”の性能が気になったので、先日写真を撮るため散歩をしてきましたw ということで次回はオートで撮った写真を載せていきたいと思います。

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ドラグレッター

Author:ドラグレッター
デジタル物やゲーム、それと二次萌えキャラが大好きな永遠の17歳。『東日本大震災』の被災地であるとある県に住みながら、「日本経済を回すため」と理由をつけては趣味に金をつぎ込んでいく。また、口にした言葉のほとんどが死亡フラグになるという特異体質を持つ。

より詳しいプロフィールはこちら



アクセス・カウンター

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

帰ってきたはいてない妖精ココロ

藍澤光ちゃん

博麗ちゃんの賽銭箱

仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

カテゴリー

月別アーカイブ

2012年 08月 【2件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【3件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【3件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【2件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【4件】
2010年 08月 【6件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【7件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【2件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【3件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【3件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【3件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【7件】
2008年 06月 【3件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【5件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【5件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【5件】
2007年 05月 【5件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【19件】
2006年 12月 【17件】
2006年 11月 【13件】
2006年 10月 【9件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【18件】
2006年 07月 【15件】
2006年 06月 【11件】
2006年 05月 【12件】
2006年 04月 【20件】
2006年 03月 【16件】
2006年 02月 【18件】
2006年 01月 【17件】
2005年 12月 【12件】
2005年 11月 【17件】

リンク

個人ブログ:
ショップ:
信仰:

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。