FC2ブログ

--

--

コメント (-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

05

09

コメント (0)

El Shaddai そんなゲームで大丈夫か?

20110508_001

「大丈夫だ、問題ない。」 いや、割とマジで。

ども、ドラグレッターです。発売前から(いろいろな意味で)注目されていた話題作『El Shaddai(エルシャダイ)』を購入しました。PVを筆頭にネタばかりが先行していたためか、Twitterの箱○クラスタでは大絶賛disられ中の本作ですが、実際にプレイしてみるとなかなかがんばっている作品だと思いました。

まずはもはや有名であろう、「あの」セリフを言うところを紹介しましょうw

20110508_002

20110508_003

…はい、「一番いいのを頼む」いただきましたー!w ちなみにもちろん「大丈夫だ、問題ない。」もありました。実はこのムービーが流れる前、PVと同じ重装備で戦う場面があり、そこでフルボッコにされたので出撃前の時間(上記スクショ)に戻ったわけです。このあたりはPVと大体同じですね。

ゲームジャンルは3Dアクションです。視点は無双系のようなTPSっぽいものだったり、『Newスーパーマリオブラザーズ』のような2Dっぽいものになったりと場面やステージによって変化します。

で、使うボタンはというと……

20110508_004

ローディング画面から。これだけ。いや、ギャグでもなんでもなくてホントにこれだけ…いや、正確にはLBボタンも使うのですが(後述)、基本的にはこれだけです。つまり使うボタンが最近のゲーム(というか箱○&PS3のゲーム)にしては少ないわけですな。また、ボタンの入力タイミングや組み合わせによって特殊動作を発動させることが出来ます。このように、少ないボタンかつ簡単操作でさまざまなアクションを行うことが出来ます。Wiiでは(元々コントローラーのボタン数が少ないというのもありますが)それをウリにしているゲームをよく見かけますが、箱○ゲームでは結構珍しいかも? ちなみに、攻撃はYボタン、ジャンプはBボタンでも行うことが出来ます。

道中はアクションゲームらしく歩いて移動するわけですが、その途中に落とし穴があったり、崩れる足場があったり、仕掛けを発動させて初めて通れる場所があったりと、アクションゲームの王道とも言える要素が盛り込まれています。穴に落ちても鎧(後述)が残っている限りは復活できるので、「どのタイミングで飛び越えれば進めるか」というトライ&エラーが他のゲームよりもやりやすくなっています。

20110508_005

敵が現れるとこんな感じで戦います。まあ簡単に言うと「敵がガッツリ少なくなった(代わりに固くなった)無双系」ってところですね。体力ゲージは存在せず、ダメージを受けるごとに鎧が少しずつ破壊されるという一部の方々が得するような演出となっています。また、鎧がなくなると『Call of Duty』シリーズのように画面が赤くなり、この状態でダメージを受けるとダウンとなります。そしてダウンしても、数個のボタンを制限時間以内(時間自体は表示されず、画面演出で視界が上下から暗くなっていきます)に連打して「あきらめずにあがく」ことで「大丈夫だ、問題ない。」のセリフと同時にその場で復活することが出来ます。

主人公のイーノックは基本的に敵の武器を奪って戦闘を行います。最初は素手ですが、敵を気絶させたときに近づいてLBボタンを押すことで武器を奪うことが出来ます。上記スクショの武器は“アーチ”という接近戦用の武器です。

20110508_006

これは“ガーレ”。複数の小型の刃を発射する遠距離用の武器です。「いけっ! ファンネル!」と叫びながら発射したのはオレだけではないハズw 他にはスクショはありませんが“ベイル”という盾状の攻防一体の武器があります。これら3種の武器はジャンケンのような三すくみの関係になっている他、武器によって移動関連のスキルが変わってくるので、道中でどの武器を手に入れるかによって攻略の難易度が変わってきます。

また、武器は使用していると“ケガレ”が溜まっていき、敵に与えるダメージが弱まっていきます。そこで……

20110508_007

LBボタンを押して“浄化”をすることで本来の性能を取り戻すことが出来ます。実際の武器も手入れが必要なわけですが、それをアクションゲームのシステムに組み込んだ形ですね。ちなみにこのスクショは初めて“浄化”をおこなったときのもの。実際には通常視点で“浄化”を行うわけですが、浄化中はスキだらけなので敵との距離を離してからまたは戦闘終了後に行うといいでしょう。

以上が大まかなゲームの内容です。簡単操作、三すくみの武器、浄化、そして何より独特の世界観によるグラフィックなど、様々な試みが盛り込まれた作品だと思いました。また、音楽もかなりいいです。

確かに操作自体は箱○ゲームにしてはシンプルだし、ゲーム内容もそう複雑ではないため、人によっては「ク○ゲー」と思うでしょう。しかしそれだけで「○ソゲー」の烙印を押してしまうのはもったいない!(箱○クラスタでの大体の印象はそのように感じられました) というかそれだけでク○ゲー認定なのであれば、任天堂のゲームなんかはほぼすべてがそうなってしまうわけで…。というわけでこのゲーム、結構人を選びます。少なくとも「昔ながらのシンプルなアクションゲーム」をやったことがなかったり、他の箱○ゲームのような複雑かつハデなゲームの方が大好きという方には向いてません。間違いなく。残念ながら。逆にシンプルだけど奥深いというゲームが好きで、加えてこのゲーム独特の雰囲気や世界観を(発売前に発表されてきた様々なネタも含めて)受け入れられるのであれば、このゲームは楽しめると思います。自分は体験版をやってみたところ、ファミコン世代+Wiiユーザーということもあって「シンプルだけど奥深いゲーム」に慣れているせいか好感触だったため購入を決めました。なので製品版も楽しめていますw

また、難易度は結構高めです。現在難易度”Normal”でプレイしていますが、チャプター3までの間一度も堕天使(中ボス)を倒せていません(ただし倒せなくても物語は進む。後々のイベントに関係ありそう?)。難易度“Easy”でやり直そうかどうか考え中ですが、どうもクリアすると高難易度が解禁されるっぽく(初期状態では“Normal”と“Easy”しかない)、しかも難易度ごとの実績もあるのでやり直すかどうかが非常に悩ましいところです。「最初っから最高難易度が選べれば実績解除の手間が省けるのに」という意見もあるかもしれませんが、これも一種のやり込み要素なのかもしれませんw というわけで「クリアするごとに高難易度に挑戦していく」というこれまた昔ながらの楽しみ方ができるのであれば楽しめますが、実績解除に命を賭けているような方にはまったくもってオススメできませんw

最後に、自分が買った理由としては『東日本大震災』被災者として、売り上げの一部を寄付するという活動に感銘を受けた、というのもあります。というわけでこのゲームが気になる方は、日本復興のためにも是非購入しましょう!

おまけ:

20110508_008

ちょwwwwwルシフェルさんwwwwwそれメタ発言wwwww

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ドラグレッター

Author:ドラグレッター
デジタル物やゲーム、それと二次萌えキャラが大好きな永遠の17歳。『東日本大震災』の被災地であるとある県に住みながら、「日本経済を回すため」と理由をつけては趣味に金をつぎ込んでいく。また、口にした言葉のほとんどが死亡フラグになるという特異体質を持つ。

より詳しいプロフィールはこちら



アクセス・カウンター

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

帰ってきたはいてない妖精ココロ

藍澤光ちゃん

博麗ちゃんの賽銭箱

仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

カテゴリー

月別アーカイブ

2012年 08月 【2件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【3件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【3件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【2件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【4件】
2010年 08月 【6件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【7件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【2件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【3件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【3件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【3件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【7件】
2008年 06月 【3件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【5件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【5件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【5件】
2007年 05月 【5件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【19件】
2006年 12月 【17件】
2006年 11月 【13件】
2006年 10月 【9件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【18件】
2006年 07月 【15件】
2006年 06月 【11件】
2006年 05月 【12件】
2006年 04月 【20件】
2006年 03月 【16件】
2006年 02月 【18件】
2006年 01月 【17件】
2005年 12月 【12件】
2005年 11月 【17件】

リンク

個人ブログ:
ショップ:
信仰:

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。