--

--

コメント (-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

11

24

コメント (0)

ミキサー導入のススメ

20111122_001

ども、ドラグレッターです。久々にマジメな記事をお送りします。

自分は箱○でゲームをする場合、普段はサラウンドヘッドホンアダプター“SU-DH1”経由でヘッドホンから音声を流していますが、Skypeでボイチャをする場合はPC用ヘッドセットを使うため、ゲーム音声はスピーカーから流すしかなくなります。これでも問題はありませんでしたが、やっぱりせっかくのSU-DH1を活かしたい!というのが人情というもの。そこで去年、今回紹介するミキサーを使うという方法を知って導入してみました。

導入してそろそろ1年近く経ちますが、やはりヘッドセットからSkype音声とゲーム音声の両方が聴けるというのは大きいです。それにスピーカー出力だと、ヘッドセットで両耳がふさがるから音が聞こえにくくなりますからね…。というわけで、オレと同様に「ヘッドセットから箱○とSkypeの音声を同時に流したい」と思っている方の参考になればと思い、導入までの手順を接続図(これがかなり大変でした…w)付きで記事にすることにしました。気になる方は「続きを読む」からどうぞ!

実は今回紹介する方法、PCにライン入力端子があればそれでもできます(箱○の音声ケーブルをPCのライン入力に接続して、ライン入力の音声を再生できるように設定した上でPCから音を聴く)が、最近のPCはライン入力が省略されている場合が多く、そのようなPCではそのままでは使えません。かと言って、ライン入力があるサウンドカードに買い換えるとなると、今度は増設やインストールが面倒だったりします。さらに、現在高性能なサウンドカードを使っている場合は、買い換え自体を躊躇することになると思います(オレがまさにそうですw)そこでもっと汎用的な方法はないのか?と探したところ、今回紹介するミキサーを使うという方法を知ったわけです。

ミキサーとは野菜や果物を高速回転ですりつぶしてジュースを作る機械…ってそっちのミキサー(ジューサー)ではなく、複数の音響機器から出ている音声を合成(ミックス)して1つの出力機器で再生させる機器です。これを導入することで以下のメリットが生まれます。

  • Skype (PC) とゲーム機の音声を一つのヘッドセットから同時に出力できるようになる。
  • SU-DH1のようなサラウンドヘッドホンアダプターとの併用が可能。これを使うことで、サラウンド音声を聴きながらボイチャすることが可能になる。
    (ただしSU-DH1は生産終了となってしまったそうです…。・゚・(ノД`)・゚・。)
  • 複数のヘッドホン(ヘッドセット)をつないで、それぞれから同じ音が聴けるようになる(出力端子が複数ある場合)
  • ミキサーに音量ボリュームがあるため、音量調節ができない機器でも音量調節ができるようになる。
  • ヘッドセットからゲームの音を聴くようになるため、スピーカーをオフにすることでマイクがゲーム音声を拾わなくなる(=相手のためになる)

一方でデメリットは以下のとおりです。まあどれもそれなりのデメリットってところですね。

  • 意外と値が張る(今回のような用途に耐えられる製品の場合、安くて5000~6000円くらい)。
  • ヘッドセットからゲームの音を聴くようになるため、そこそこいいヘッドセットを用意しないと音質的にガッカリすることになる
    (ミキサーに限った話ではない)

相も変わらず文章だらけになってしまいましたが、概要はこの辺にしといて、ここからは画像付きで接続方法の解説とかをしていきます。

まず必要なものは何といってもミキサーです。これがないと始まりません。しつこいようですがヤ○ダ電機の調理家電コーナーでミキサーを買ってこないようにw 併せて、音声ケーブル類も必要な数だけ揃えておきます。ミキサーは以下のような製品です。

REXER MX-4ST

20111122_002

オレが使っているミキサーです。これを選んだ理由は…

  • 入出力チャンネルが必要十分な数(入力4ch、出力2ch)で、これらすべてがステレオ対応
  • パッシブタイプなので電源不要
  • コンパクト(といっても、ごちゃごちゃしているオレの机の上ではちょっと場所を取っていますがw)

…と、オレの要求を満たしていたためです。お値段は6,580円とちょっと高めですが、これでも安い方です。

ここでミキサーの種類についてちょっと解説を。ミキサーには大きく分けて、電源が不要なタイプ(パッシブタイプ)と電源が必要なタイプ(アクティブタイプ…と呼ぶらしい)の2種類が存在します。今回の用途のように再生したいというだけならパッシブで十分です。「複数のマイクの音を合成させたい」という場合や「音を増幅させたい(=音量を元よりも大きくしたい)」場合はアクティブタイプが必要になってきます。

また、ものによってはモノラルにしか対応していない(またはモノラルのチャンネル数の方が多い)ミキサーがあり、これを選んでしまうとステレオ音声ではなくなってしまうので購入の際は十分注意しましょう。2000~3000円の製品はたいていモノラル専用品です。

ちなみに、ミキサーは元々音響機器なので、買うときはアマゾンよりもサウンドハウスで買うことをオススメします。オーディオ専門店なだけに商品の種類が多いしアマゾンより安く買えるので、オーディオ関連製品を買うならオススメのお店です。オレもここで買いましたw(ヘッドホンもここで買いました)

ミキサーが用意できたら、以下のように箱○とPC、そしてヘッドセットを接続します。

20111122_003

接続図。“LibreOffice Draw”を使って2時間くらいかけてがんばって描きましたw

こんな感じに接続します。ヘッドセットの出力プラグは通常PCのヘッドホン端子に挿しますが、ミキサーを使う場合はミキサーからSkype音声を出力することになるためミキサーの出力端子に挿します。箱○の音声ケーブルは左右1本ずつのRCAプラグ(ピンプラグ)ですが、ミキサーによっては3.5mmステレオミニプラグに変換する必要があります。

ちなみに、オレの環境では以下のつなぎ方になります。

20111122_004

メインPCのやっつけっぷりが凄まじいw

箱○とミキサーとの間にSU-DH1をかませているため、もっとカオスなことになっていますw これも基本は同じ。ただし、映像をHDMIで出力するため、箱○純正HDMIケーブル付属のサウンドアダプターを使ってSU-DH1とつないでいます(新型箱○の場合は本体に光デジタル端子があるため不要)。また、もう片方の出力端子には普段使い用の“ゼンハイザー HD598”をつなげているため、つなぎ替えをすることなく使い分けをすることが出来ます。

ミキサーには音量調節機能があるため、PCや箱○の音量が普段どおりだと音がかなり小さくなります。そのためこれらのマスターボリュームを最大にします。自分の場合、箱○はSU-DH1とつなげているため、箱○側の音量はSU-DH1のボリュームを最大にすることで対処しています。また、ゲームによっては音割れすることがあるため、その場合はマスターボリュームを少し下げます。

これで準備は完了です。あとはSkypeで誰かと通話して箱○でゲームを起動すれば、ヘッドセットから相手の声とゲームの音声が同時に聞こえるはずです。音量が小さい(または大きすぎる)場合はミキサー側のボリュームを調節します。また、どちらかあるいは両方の音が聞こえない場合は接続ミスが考えられるので、配線を見直します。

これならヘッドセットからゲーム音声が聞けるので没入感が高まり、同時にSkypeも使えるので(箱○標準ボイチャよりも)高音質なボイチャを楽しむことが出来ます。さらにマイクがゲーム音声を拾わなくなるため、相手に不快な思いをさせることもなくなります(それ以外の音、例えばテレビやクルマ等の環境音はさすがに別ですが)。

ちなみに、一般的なヘッドセット(1000~2000円台の普及価格帯のもの)は音質的にゲームどころか音楽鑑賞にも向いていない場合が多いので、本格的に使うならもっといいヘッドセットに買い換えることをオススメします。まあこの辺は各自の趣向やお財布情勢等と相談してみてくださいw Creativeのコレなんかがコストパフォーマンス良さそうかも? おあつらえ向きに箱○対応を謳ってますしねw

以上でミキサー導入の解説は終了です。少しでも参考になれば幸いです。

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ドラグレッター

Author:ドラグレッター
デジタル物やゲーム、それと二次萌えキャラが大好きな永遠の17歳。『東日本大震災』の被災地であるとある県に住みながら、「日本経済を回すため」と理由をつけては趣味に金をつぎ込んでいく。また、口にした言葉のほとんどが死亡フラグになるという特異体質を持つ。

より詳しいプロフィールはこちら



アクセス・カウンター

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

帰ってきたはいてない妖精ココロ

藍澤光ちゃん

博麗ちゃんの賽銭箱

仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

カテゴリー

月別アーカイブ

2012年 08月 【2件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【3件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【3件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【2件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【5件】
2010年 09月 【4件】
2010年 08月 【6件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【7件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【2件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【3件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【3件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【3件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【7件】
2008年 06月 【3件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【5件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【5件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【6件】
2007年 06月 【5件】
2007年 05月 【5件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【8件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【19件】
2006年 12月 【17件】
2006年 11月 【13件】
2006年 10月 【9件】
2006年 09月 【13件】
2006年 08月 【18件】
2006年 07月 【15件】
2006年 06月 【11件】
2006年 05月 【12件】
2006年 04月 【20件】
2006年 03月 【16件】
2006年 02月 【18件】
2006年 01月 【17件】
2005年 12月 【12件】
2005年 11月 【17件】

リンク

個人ブログ:
ショップ:
信仰:

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。